ピアノ専用の防音室ならD.S.Pコーポレーションにおまかせください

船橋市K様 ピアノ・アルトサックス防音室

千葉県船橋市 K様邸ピアノ・アルトサックス防音室

防音ご依頼内容

マンションでピアノとサックスの演奏ができる防音室を造りたい。
ホームページで見たサッシタイプの防音室で開放感のあるスペースにしたい。

建物概要

  • 構造 : RC造マンション
  • 施工階数 : 4階
  • 部屋の広さ : 2.1畳(施工後の内法面積)

遮音性能

  • 室内 : D-50~55程度(開口部除く)
  • 室外・上下・隣室 : D-65程度(開口部除く)

こちらの防音室の用途は?

アップライトピアノとアルトサックスの個人練習用に使用しています。

防音室を検討されたきっかけは?

船橋市K様電子ピアノ[ROLAND HP-207]を持っていたのですが、外でグランドピアノを弾く機会が頻繁にありまして、音に物足りなさを感じるようになり、生ピアノを自宅に置くことにしました。

楽器自体はドラム歴が一番長いんです。
会社の軽音楽部に所属していまして、ドラムは社内で練習できるスタジオがあるため、ピアノをメインに、サックスまで練習できるような防音室を造ろうと思いました。

業者はどのように探されましたか?

デッドスペースを防音室にインターネットで探しました。
最初は某音楽メーカーの簡易防音室を検討していたんですが、アップライトピアノを置くと圧迫感があり、天井も低くて、あまり長く居られる空間ではないなと思い、本格的な防音室を造れる業者を探し始めました。

スペースがそこまで広くないので、デッドスペースでうまく造ってもらえる業者がないかなと調べていたところ、たまたまDSPさんのホームページに辿り着きました。

掲載されていた施工例の中で、リビングを仕切って防音ブースを造られているお宅がありました。

「この広さでピアノも入れられるんだ・・・」
これは話を聞いてみたいと思い、問い合わせをしました。

■実際にご参考いただいた施工例:横浜市N様邸
http://www.dspc.co.jp/example/practice_room/005/

見積もり自体は、今回施工していただいたリビングプランと別部屋に施工した場合の洋室プランで計2種類をお願いしました。値段はほとんど変わらない位でした。
某音楽メーカーの簡易防音室を、既製品ではなく間取りにあわせて設置したとすると、むしろDSPさんのほうが安く、性能も高かったですね。

<施工前完成イメージCG>
プランA(リビングプラン)CGプランB(洋室プラン)CG

業者選びの最終的な決め手は?

決め手は防音室の見学でした実は見積もりはDSPさんにしかお願いしなかったんです。

これまでに家のリフォームを数回したことがあり、経験上たくさんの見積もりを同時に取ると、目的を見失うというか、判断が鈍ってしまうんです。

そういった理由から、1社づつ丁寧に見極めていこうと思い、まずはDSPさんにアポイントを取りました。
ダメなら次を考えれば良いかなというスタンスでした。

DSPさんのレスポンスはとても早かったです。
夜中にメールをして翌朝には電話でご連絡くださいました。

決め手はやはり、DSPさんの防音室を使われている方のお宅へ見学できたことですね。

■ご見学いただいた千葉市S様ピアノ室
http://www.dsp-piano.com/voice/chiba-wakabaku-s/

サッシタイプの防音室がどんなものなのか、実際に目と耳で確かめられましたから。

ピアノの先生をされている施主さん自身からもたくさんお話を聞かせてもらったり、施工後もお客さんと良好な関係を築いていらっしゃる様子を拝見して、DSPさんなら安心してお任せできるなと感じました。

サッシの防音室自体はご存じでしたか?

全然知らなくて、考えてもいませんでした。
防音室というと通常のドアタイプのものしか無いと思っていました。
DSPさんのホームページで初めて知りました。

過去リフォーム時の和室 防音室施工前の状態

防音室スペースはもともと和室だったのですが、襖を閉めると圧迫感があったため、以前にリフォームで取り払った経緯がありました。防音室を造って圧迫感が出てしまっては意味が無いので、サッシタイプを知ってからは、防音ドアタイプの選択肢はなくなりましたね。

施工後のサッシタイプ防音室

ご契約までのお打合せで、当社スタッフの対応や説明はいかがでしたか?

普段は仕事をしているので、私の都合に合わせて打合せのスケジューリングをしてくださいました。
おかげさまで希望日までに防音室が完成できました。
最初の問合せから起算すると、およそ1ヶ月半でのスピード施工でした。

職人や現場監督の対応はいかがでしたか?

工期中も仕事がありましたので立ち会いはほとんどしていません。
ちょうど私が仕事に行くタイミングで職人さんがいらっしゃって、帰ってくると終わっている感じでした。
現場監督さんからは、工事が終わると毎日ご連絡をいただきました。
工事の進捗が見られるので毎日帰るのが楽しみでしたね。

防音室のプランニングで特にこだわった点はありますか?

明かり取りのFIX窓を付けたところです。
廊下側から来た時に窓があると良いかなぁと思いまして。

廊下側にFIX窓を設置

出来上がった防音室を最初にご覧になった時の感想は?

竣工したピアノ・アルトサックス防音室毎日出来上がる様子を見ていたのと、事前(見積もり時)にパースCGをいただいていたので、CGと全く同じで想像していた通りになったという感じです。

それと、天井に関してはもっと低くなるかなとイメージしていたのですが、意外に天井高が取れて良かったです。

竣工から2ヶ月ほど経ちました。
防音室を使ってみて遮音性能や音響はいかがですか?

まずは電子ピアノと生ピアノでは音が明らかに違うので、楽器を演奏していて気持ちが良い。
これが一番のポイントですね。

実は防音室ができてからも、恐る恐る楽器を弾いていた部分もあるんです。
室内で演奏していると、当事者は外にどれだけ聞こえているか分からないので。
もちろん、引渡しの際に測定をやっていただいて、性能は十分に理解していたんですけどね。

ところが先日、私のところにも防音室の見学に来られた方がいらっしゃったんです。
ご見学の方が演奏されるのを室外で聴くことができて、「これなら夜中も普通に弾ける」と改めて安心できました。
スタッフの方からは「Kさん、何言ってるんですか。聞こえないに決まってるじゃないですか。」と笑われてしまいましたが。

当然、ご近所からも苦情のようなものは一切ありません。

音を出す時間帯や練習環境は変わりましたか?

平日の夜22時くらいから練習をはじめて、24時過ぎまでは弾いていますね。
毎日仕事から帰ってくるのが楽しみになりました。

仕事帰りでも楽器練習できるようになりました

これから防音室を考えられている方にアドバイスがあればお願いします。

DSPさんのように、施工されたお宅の防音室を見学されることが一番ではないでしょうか。
実際に見せていただくと、これまで漠然としていたイメージが具体的になるというか。。
やっぱり見たほうが絶対良いと思います。

防音室というと簡易的な部屋というイメージが強いですが、DSPさんの防音室はそれとは全然違って、むしろしっかりしたお部屋に防音性能が付いている感じ。
ショールームではなく、その業者さんが施工された実物を見学されることをお薦めします。

あと、防音室は狭くても造れるというコト。
ウチは2.2畳の防音室ですが、全然息苦しさも無いですし居心地も抜群。
長く居てもまったく苦痛になりません。これもDSPさんのサッシタイプ防音室のおかげだと思います。

広さが取れなくて防音室をあきらめているなら、まずは相談してみると良いと思いますよ。

千葉県船橋市 K様邸ピアノ・アルトサックス防音室

【全国対応・お見積り無料】 by D.S.Pコーポレーション株式会社 TEL 0120-78-1416 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

Copyright © D.S.Pコーポレーション株式会社 All Rights Reserved.